ムダ毛解消したい・・・どうしたらいいの?

自己処理よりオトクに脱毛を

脱毛をしたい、という女性はいまではかなり増えているといってよいでしょう。
やはり、カミソリや毛抜きによる自己処理ですと、やはり肌に対するダメージなどのトラブルを発生させてしまうリスクが高いためです。
さらに、毎回の処理を手間だと感じるひとも多いこととおもいます。

 

しかしながら、脱毛サロンに通う、ということに抵抗を感じているひとも多いとおもいます。
これは、やはりそこでかかる費用がまずは心配になるのではないでしょうか。
つまりどういうことかというと、やはり自己処理を行なっていく場合にくらべて、脱毛サロンで施術を行なうと、格段に費用がかかってしまうということです。

 

しかし、脱毛サロンに通ってたしかな脱毛の効果を得ることができれば、もう施術に通う必要はありませんし、自己処理の手間からも解放されるわけです。
当然、もう自己処理によってよけいなダメージを肌に与えるリスクも回避することができます。
そこで、やはり費用がかかったとしても、おもいきって脱毛サロンを訪問してみるのがよいとおもいます。

 

さらに、最近ではかなり脱毛サロンに通うことによる費用もすくなくなっています。
ですから、かつてよりはかなりオトクに脱毛をしていくことができます。


自宅で簡単にできる脱毛方法

これから夏本番になりますが、夏になると多くの女性が悩むことがあります。それは、肌のムダ毛です。肌を露出する機会が増えるため、普段目につかないところでも、見えてしまいます。もしそんなところにムダ毛が生えていたら、どんな人でも引いてしまいますよね。最近はそのムダ毛の処理をする脱毛専門店やエステなどが、増えてきていますが、そういうところはやはりお金がかかるので、私みたいにお金がない人たちには行くことができません。ですので、私は自分でムダ毛の処理をしています。しかも自宅でしているんですよ。自宅だと、人目を気にすることなくできます。

 

簡単な脱毛方法を紹介します

まずは、かみそり。私がムダ毛の処理で一番最初に行った方法です。処理したい部分にクリームを塗ってカミソリで削る。簡単な方法ですよね。
でも、かみそりには危険がいっぱい。何度も使用してくると刃がだんだん弱ってきてしまいます。すると切れ味もだんだん弱くなり、肌に負担をかけてしまうかもしれません。なので、切れ味のよい刃に取り換える必要もあります。また、処理のポイントとしては、お風呂上りなど、肌や皮膚が柔らかい時に行うようにすると、肌への負担が減ります。

 

次に脱毛クリーム。脱毛クリームはちょっとした腕のムダ毛処理にはちょうどいいかもしれません。本当にクリームを塗って少し置くだけで、脱毛ができてしまいます。脱毛クリームは肌が弱い人には向いていませんが、私はこれがあってました。


結局は地道に毛抜き

大きい声では言えませんが、毛が1本1本濃く、毛根も立派な上に伸びも早い私の脱毛は、もっぱらピンセットで抜いていく作業に尽きます。

 

脱毛サロンに行こうとしましたが時間や金額がかかるため遠のき、
ときどきワンコインでの体験も開催されています効果があまりないと聞きます。

 

私はクラシック・バレエを習っており、ノースリーブは着用しないものの
半袖のレオタードはしばしば着用するため特に脇の脱毛には気を遣います。首が痛くなろうが1本ずつ丁寧に抜き取り、埋まり込んでいる分は挟みながら無理やり押し出す感じです。お風呂に入る前に1通り抜き取り、最後短い部分は湯船に漬かって毛穴が開きがちになっている状態のときに押し出すと綺麗に終わります。

 

ピンセットはできれば先端が細く鋭いものがおすすめです。毛を掴みやすく、短いものも逃しません。短過ぎて抜けるかな、と思っている毛を抜いたときの快感といったらたまりません。また全てを抜いて石鹸で濯ぎ、つるつるになった脇を触っているときも何とも変えがたい喜びに浸るひとときです。

 

なかなか原始的な脱毛話ですが、身体を捻りながら行うとウエストのシェイプアップにもなって一石二鳥。せっかく長時間行うのですから、おすすめです。


こんなところになんで毛が生えてくるのかしら?

ムダ毛の脱毛って本当にめんどくさいですよね。私もあれこれと自己処理にの方法を模索中です。

 

何年か前にけっこう良い値段の脱毛器を買ったのですが、脱毛器だけで全てのムダ毛を処理するのがとーっても大変なのですよね。・・・ってもしかしたら私のムダ毛が剛毛すぎるからでしょうか?!で、結局残った処理しきれないムダ毛はカミソリでぱぱっと処理することになっちゃうのですよね。でもね、腕とかすねとかワキとかの脱毛の自己処理も本当にめんどくさくてヤなんですけど、それ以外のムダ毛の処理ってけっこう困っちゃったりしませんか?

 

私の場合恥ずかしいけど「ゆび毛」と「せなかの毛」がけっこう困りものなんですよ。ゆびはね、気がついたときに毛抜きで抜いていたら、毛の量はふえていないような気がするけど太さがなんだか太くなってきたような気がするんですよね。だからちょっと油断すると「げげっ」ってことになってしまうの。もうネイル以前の問題でゆび毛が大問題と化しています。あとせなか毛はね、この間温泉に行ったときに友達に「背中のうぶ毛が渦巻いている〜」って言われてしまったのです。今まで指摘されたことなかったから大ショック!

 

「エステの全身脱毛って背中も見てくれるのかしら?」って今真剣に考えています。


眉毛のムダ毛の自己処理

顔にはムダ毛がないように思いますが、実は結構ムダ毛は存在しているのです。

 

私の眉毛は小さな頃からすごく太くて濃い立派な眉毛をしています。
自分自身それがすごく自慢でした。
しかし、真ん中も常にくっついていたのです。
眉毛の真ん中がくっついているだけで、すごく怖く見えて、小学生の頃にはよくからかわれていました。

 

小中と、真ん中だけを常にかみそりでそっていたのですが、高校に入る頃から眉毛全体的にボーボーだと、指摘され、メイクの勉強を独学ではじめ、自分に似合う眉毛を探求していきました。
ムダ毛の脱毛は毛抜きで行い、真ん中も毛抜きを使って抜きました。
かみそりを使うと、左右対称でなくなるんです。
1本1本が大切で、どの眉毛を抜くかによって印象がだいぶ変わるのです。

 

必要な部分は長くなっているところをはさみで切って整えます。
それだけですごくすっきりとした印象になりました。
眉毛の形を整えるだけでこんなにも変わるんだなと自分でびっくり、そして周りの人も私の印象が変わったとびっくりしていました。

 

眉毛はすぐに生えてくるので、常にチェックしていかなければいけませんが、毎日お化粧をするので、いい形はずっと維持できると思います。



ナースフルはこちらから! 包茎手術の料金が気になる方はこちら! エターナルラビリンスで予約をするならココ! ディセンシアのアナヤスを買うならこちら duoクレンジングバームの口コミサイトはこちら