もしも毎日の間食がやめられないのなら、1日5食でダイエットを進めましょう

1日の補給カロリーを5回食い分に振り分け、間食も1回としてカウントします。 1日に食べ物を口に運ぶのはこういう5回のみ。思わず手を伸ばして甘味を食べて仕舞う、というような無意識のカロリー補給を防ぎます。

9. 甘い小物が食べたければ
甘い小物が食べたい時にオススメなのがガム。 ガムは1粒あたり5~10キロカロリー周辺が普通です。低いカロリーな上、1粒で腹一杯喜べるものが多くあります。 原材料類も多いため、好きなものや珍しいものを見付けるという快楽も増えます。
また、一層きちん甘い小物を味わいたい、という場合は和菓子かコーヒーゼリーを選びましょう。 お団子や羊羹、カステラ、クリーム地味のコーヒーゼリーなら1個(1キレ)あたり100kcal周辺だ。1日1個までなら問題ないでしょう。 どら焼きや回転焼きなど嵩のいらっしゃるものは、その2倍等なので数量を抑えめにください。
クッキーやデザートは、脂肪とサッカリドというデブを講ずる因子が買えるのでNG。 逆に和菓子ならサッカリドだけなので数量に考えをつければ太りにくい甘味なのです。

10. 積極的に体を移す
今日からランニングをゼロたりプールに訪ね取り掛かりたり、ということは何となく難しいかもしれません。 ですがそこまでしなくても、日常生活の中でちょっとした運動をすることなら、ドシドシ簡単にできます。
www.fnp-halios.com/