ムダ毛解消したい・・・どうしたらいいの?

こたつの歴史〜昔の人の知恵〜

冬になると、こたつでミカンを食べながらテレビを見るというのが、恋しくなりますよね!ですが、こたつはどのようにして生み出されたのでしょうかね?

 

昔の一般的な木造の家屋は機密性が低いため、家全体を温めるというのは、なかなか難しかったでしょう。いろりの周辺だけが、かろうじて温かい程度です。

 

人々は考えました。「せめて身体全体を温めたい」と。

 

そこで考え出されたのが、消えかけの炭(おき、と言う)に「紙子」という紙で仕立てた服をかぶせ、その上にやぐらを立てて、布団をかけることです。布団の中は機密性が高いので、いろりより格段に良かったでしょう。

 

これができたのが室町時代

 

江戸時代になると、炭を陶器に入れるようになり、こたつの移動ができるようになりました。炭も練炭、豆炭へと変わっていきました。

 

また、いろりの周りを掘った「掘りごたつ」も発明されましたが、これが住宅用に改良されたのは明治のこと。バーナード・リーチというイギリス人が改良しましたが、その理由は正座ができなかったからだと言われています。

 

人々に温かさを提供するこたつですが、同時に一酸化炭素中毒という危険も伴いました。そこで昭和30年に東京芝浦電気(現在の東芝)が開発したのが、電気こたつです。

 

これは手軽さと安全性で爆発的な人気を呼びました。改良が加えられたこたつ。今ではインテリアとして、こたつのおしゃれバージョンもあります。しかし、基本の形だけはほとんど変化していません。昔の人の知恵は現在でも生き続けているのですね。