ムダ毛解消したい・・・どうしたらいいの?

日焼けをしていると脱毛できない理由について

脱毛しようと思って脱毛サロンに行った時に、日焼けしているから脱毛できませんと言われた事がある人もいると思います。

 

日焼けしているとどうして脱毛が出来ないのかというと、最近では脱毛サロンであまり使われている光を使った脱毛法は、メラニン色素に反応するため、日焼けをした肌だと、光を照射した時に肌にダメージを与えてしまうからです。

 

毛根やムダ毛はメラニン色素でできているので、光を照射する事によってダメージを与える事はできますが、日焼けをしている肌に照射してしまえば同じように光が反応してしまうので、肌がやけどしたような状態になったりシミの原因になってしまったりする事があります。

 

ですから、日焼けをしている時には、日焼けした肌がターンオーバーによって元の状態に戻るまで待ってから脱毛する事になります。

 

どの肌でも脱毛する事ができるというわけではなく、日焼けをしてメラニン色素が蓄積されていたり、他には色素沈着の部分が多く、肌が黒ずんでいたりする場合でも脱毛できない事があります。

 

どうしても今すぐに脱毛したいという場合には、レーザーや光を使った脱毛はできませんから高いお金を払って痛みに耐えながらニードル式の脱毛するしかありません。

 

ですから、脱毛したいと思っているのであればなるべく日焼けをしないようにする事と、前もって脱毛するプランを立てて、日焼けをする季節より前に脱毛するようにする事をおすすめします。日焼けをしてしまってからでは、どんなにお願いをしても脱毛する事は出来ません。